【IPOを10倍楽しむための私的メモ】

<IPOは落選するのが当たり前!>
日本郵政をきっかけに抽選倍率は異常なまでに向上しています。
当たらないのは当たり前。何十連敗するのが当たり前。落ち込む必要はありません。


<IPOの判断や作業でミスが生じてしまうのは当然>
連日のように上場承認が下りるIPOにおいて入金や申し込みなど、
全てを完璧にこなすのは不可能です。『判断』や『作業』でミスが起きるのは当然。
たかがIPO、何とでもなります。自分を責める必要は決してありません。


<時に微妙銘柄を楽しむのも手?>
有望なIPOは正直なところ殆ど当たらないのが現状です。
だからこそ、たまには微妙なラインのIPOに手を出すのも有効?
大幅上昇しなくても参加して当選すると嬉しいものです!

2017年11月27日

12月IPOの仮条件が続々と発表!参加スタンスは?

年末のIPOラッシュが続く中で、気になる銘柄をピックアップしていきたいと思います。

先ずは、IPOのアルヒ(7198)の仮条件が発表されました。
参加すべきか悩まれる案件ですね。

気になる仮条件は、

想定価格:1,340円
仮条件価格:1,150-1,340円

の弱含みとなっています。

アルヒ(7198)のIPO参加スタンスは?


アルヒ(7198)のIPO参加スタンスは、不参加としています。

「フラット35」と言った著名なサービスを手掛けているため、ブル(強気)要素もありますが、吸収金額が大きく、売出株比率100%はネックとなります。

IPO初値予想において、売出株比率があまり重視されない向きがありますが、JR九州と言った大型人気株を除けば、公募割れをしているIPOに影響を与えています。

野村證券主幹事であるため、公募割れを回避する可能性もありますが、IPOが多い状況で、積極的に参加する理由は見当たりません。

IPOが多い時は見極めも肝心


12月IPOは述べ26社に及ぶ企業が上場します。

その全てに参加しようとしても、労力的にも資金的にも難しい部分があります。そのため、初値が公募価格前後が予想されるものは、あえて参加しないことも手です。

年末のIPO参加で迷う案件


年末にかけてのIPOで最も難しいのは、ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)で間違いないでしょう。

初値予想の見立てとしては公募割れしない可能性が高いですが、値ガサであるため、仮に公募割れした場合の損失リスクがあります。

手堅くいくなら不参加がベターだと考えられるため、保守派の人にとっては参加しにくいIPOということになります。

私自身は直前まで地合いを見極め、問題ないようであれば1枚だけ参加するかもしれません。

年末のIPOで本当に悩ましいのは限られているため、ある程度は絞っていく作業をしておくことがおすすめです。
AD
posted by レック at 21:32 | IPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

レックの株とIPOと人生

株とIPOを考察するブログです。有望銘柄・テンバガーの情報、株の有料情報・IPOの初値予想やセカンダリーについて考察しています。低リスクハイリターンの株式投資を目指します。